2年前に日本へ転居して以来、私はたくさんの素晴らしいミュージシャンに出会い、そして一緒に演奏してきました。葭葉愛子さんもその1人で、彼女は傑出したピアニストであるだけでなく、創造的で才能ある作曲家でもあります。 彼女のニューアルバム“New Song”(私もドラムで参加しています)は、彼女の強力な音楽的才能の美しい例です。彼女はジャズ、ポップ、ファンク、そしてソウルミュージックをうまくブレンドし、フレッシュな新しい音を創っています。この企画に参加できて私はとても光栄です。 このレコーディングのミュージシャン、Joseさん、しんやさん、たかとさんが、どの曲にも特別な音とフィーリングをもたらしています。エンジニアのかずへいさん含め、彼ら全員と一緒に手がけることができて、嬉しく光栄でした。 愛子さん、素晴らしい音楽を作るためのハードワークと情熱をありがとう!あなたと演奏するのはいつも楽しいです!ぜひ下のリンクの1つをクリックして、新作の"New Song"を手に入れて下さい!そしてどの曲が気に入ったか教えてくださいね! ▶︎ディスクユニオン http://diskunion.net/sp/jazz/detail/XAT-1245694841 ▶︎タワーレコード http://tower.jp/item/4745581/NEW-SONG ▶︎ツタヤ http://tsutaya.tsite.jp/item/music/PTA0000WECZU ▶︎HMV&BOOKS http://www.hmv.co.jp/artist_葭葉愛子_000000000762939/item_NEW-SONG_8894774

ムック本の「日本が誇る100のこと」の特集で私のことを取り上げて頂き、光栄でありがたいです!ワタナベツトムさんとヤマウチタカノリさん、このような素晴らしい出版物に登場できる機会をありがとうございました! https://www.amazon.co.jp/日本が誇る100のこと-エイムック-4098-エイ出版社編集部/dp/4777951286

私達はいつも、ミュージシャンのことをバンドメンバーと思っていますが、見落としているバンドメンバーがいます。それはファンの方々です。 20代前半の頃、2人の素晴らしいパフォーマーと一緒に働けて、私はとてもラッキーでした。それはシアトルのPrimo Kimと、ハワイのJimmy Borgesです。2人とも、傑出したボーカリストでありコミュニケーターでもありました。演奏のセットとセットの間の休憩に、彼らはいつも、観客の皆さんへ話しかけに行っていました。その2人と話したどのお客さんも、その時間は、世界で自分が1番大切な人のように感じているようでした。 PrimoとJimmyは、人々を一生ファンにするようなやり方で、音楽とコミュニケーションを通して人々と繋がることができたのです。これらの同じファンの方々は、毎週、彼らの演奏を観に来ていました。そしてほぼそのバンドの一部になっていて、来たるショーの情報を広めていました。私はいつも、PrimoとJimmyが観客と話す時、驚きながら見ていました。彼らはファンの方々と話さないといけないからではなく、ファンの皆さんと話すことが大好きだったから、そうしていたのです! 私はライブ演奏をする時、大体いつも観客の皆さんと話す時間を取ります。そして彼らのことを知り、来てくれたことに感謝します。このような人と人とのつながりはとても大事で、観客の皆さんにとってもコンサートをもっと楽しいものにします。とにかく、ショーを聴きに来てくれ、私達アーティストの仕事をサポートしてくれる素晴らしいファンの方々がいなければ、私達はショーをしないでしょう! 私のファンの方々へ、心からありがとう、そして私のバンドの一部であることに感謝します。全ての私のショーで、あなたにエネルギーを与えれるようにこれからも頑張ります。私達が一緒にこの旅路にいることをありがたく思っています。

私が15歳という遅い年齢でドラムを始めた時、どうしたらプロドラマーになれるのか全くわかりませんでしたが、私はなりたいと思っていました。 私は当時もっとたくさん髪がありました。そしてその頃から、成功するプロドラマーの道へ向かう5つのことを理解していました。それらをあなたと共有したいです。 1.ドラムとリズムへの心からの情熱 アメリカ中西部に住んでいた幼い頃から、私は本当にドラムを演奏したかったんだと思います。バイオリンとサックスにも挑戦しましたが、両方とも段々嫌になり冬の間中それらをケースに入れてソリに使っていました。私はいつも単純明白にドラマーになりたかったのです。ドラムは一番かっこいい音の楽器だと思ったし、ただただリズムが大好きでした。私はブレイクダンサーとしても活動していたので、タイミングとリズムセンスが強まったとも思います。 最初に、私はドラムをしたいなら、誰か私に演奏の仕方を見せてくれる人を見つければ最速に学べると思いました。 2.良い先生を見つける 時々、ドラマーやそれ以外のミュージシャンから「私は独学した」や「自分で習得した」という言葉を聞きますが、私は彼らに「それはとても残念でしたね。」と言いたいです。自分で習得することは勇気の印であり、それは確かにあなたの楽器への真の専念を示すということはわかります。ですが、それはもう既に経験している人に尋ねるよりもずっと難しいです。その人は既にテスト済みの方法をあなたに教えてくれ、あなたがしたい音楽を演奏する手助けをしてくれるのです。とにかく、それがポイントです、ね?音楽を演奏して楽しむ為には。 私は、教えることが大好きなプロドラマーを見つけることをお勧めします。彼または彼女は、あなたがどんなスタイルの音楽でも演奏する為に必要な基礎の全てを含んだ、総合的なドラムの教え方をしてくれる人がいいでしょう。これはそうです、時間と共にあなたの好みや興味が変わった時、あなたは新しい音楽を演奏する選択ができます。コーディネーション、パターン、楽譜の解読や聞く能力という基本を学ぶことで、あなたは最終的に、右手や左手が何をしているかではなくその音楽に集中することができます。 私が先ほど"楽譜の解読"について述べたのには以下の理由もあります。とても多くのドラマーが、楽譜を使わないでいいように他の難しいシステムを理解していますが、問題は何かというと、もし楽譜を使わないと、あなたができることには限度ができてしまうのです。いつかあなたが"現実の世界"に出くわして楽譜やリードシートを見なければならない日までずっと、その限度があるのです。 楽譜を読めないのは、山頂に着いたけれど景色の半分しか見れないようなものです。日々の生活でメールや言葉を読みコミュニケーションをとるのと一緒で、楽譜が読めるとあなたは音楽やミュージシャンともっと影響し合うことができます。 3.練習を心から楽しむ 私が生徒や他の音楽の先生方へ「練習すると何が得られると思う?」と聞いた時、何と答えるかわかりますか。もちろんあなたにはわかりますよね!私達はみんな、最も達成困難で、非現実的、そして誤用されている言葉、そう、「完璧!」と答えるように教えられてきました。ドラムの練習と上達の本当の目的は、ドラムでもっと色んなことが出来るようになる為です。もっと出来ることが増えれば、演奏を楽しみ、面白いことを経験する機会も増えるのです!そうです、練習すれば何を得れますか?FUNです! もしあなたがこの考え方をドラムの練習時間に対して取り入れたら、もっとリラックスでき、練習したことをもっと記憶でき、もっと練習を楽しめ、そして生活の中で"楽しい要素"を増やすのに役立つことも、もっと知ることが出来るでしょう。あなたは再び練習することにとてもワクワクし、ドラムと触れ合う貴重な時間が本当に楽しみになるでしょう。生徒はよく私にどのくらい練習すれば良いか尋ねます。私の答えは、「どれくらい楽しみたい?」です。私の13歳の生徒の一人、Ian Wacksmanは1日3時間ドラムの練習をします。そして彼は今、彼自身のロックバンドはもちろん、全メンバー大人のジャズコンボやビッグバンドでも演奏しています。彼が楽しんでると思いますか?もちろんでしょう!!! http://www.youtube.com/watch?v=9vRsBMWxZgc 4. 演奏の経験をたくさん積もう かつて90年代初頭のレッスンでJeff Hamiltonは私に、「あなたは上手に演奏しているがもっと"経験"が必要。」と言いました。つまり、私は他のミュージシャンと充分に演奏できていなかったのです。私はライブを充分にしていなかったので、ライブをたくさんしているドラマーから聞こえる一貫性が私のプレイにはなかったのです。 私は生徒全員に、教会、学校の吹奏楽やミュージカル劇のクラブなど、演奏できる場所ならどこでもいいので、友達や家族と一緒に演奏するように勧めています。コーディネーションや楽譜の解読のような基本を単独で練習することも大事ですが、あなたのドラムサウンドを時間とともに創造し、そしてスムーズに演奏する為に、外へ出て他の人達と一緒に演奏する必要があるのです。 確かなドラム演奏における2つの最も大事なことは、良いタイミング(テンポをキープする)と気持ち良さ(グルーヴを作り音楽を気持ち良くする)です。この2つともあなたがライブをするにつれて上達します。あなたが楽しめる音楽、また他のどんな音楽でも演奏できる機会の為に、準備しておきましょう。良いタイミングと気持ち良さを得ようと思えば、良い先生の指導を受けて確かなドラムの基礎を習得するという要点に再び戻ります。そうすることで新しい音楽活動の機会をつかむことができます。 5.立派な態度をとる 人は、自分が好きな人達と一緒に仕事をしたいものです。あなたならこう待遇されたいと思う待遇を他の人にもし、リハーサルや本番の時は積極的な自信のある態度をとりましょう。リハーサル、ライブ、レコーディングセッションには時間通りに行き、広い心と意欲を持って他の人達と一緒に仕事をしましょう。覚えておいて下さい、ドラマーとしての仕事の95%は、他のメンバーを気持ち良く演奏させ、素晴らしい音を鳴らすことです。時々ドラムソロや目立つフィル等が残りの5%になりますが、私達ドラマーの仕事の大半は音楽全体の音を素晴らしくすることを対象としています。他のメンバーの音をよく聞いて素晴らしい音を鳴らすことに焦点を当てれば、次々に音は素晴らしくなり、そしてドラマーとしての音楽活動の機会が増えることにもつながるのです! このブログが、ドラムと音楽におけるあなたの道を見つける為に必要なもののアイディアを、あなたに与えてくれたらと思います。たとえあなたがプロドラマーを目指していないとしても、あなたのゴールは友達との音楽演奏を楽しむことであり、これには5つの要点が適用できます。 もし何か質問や感想があれば、お気軽にvonbaron@vonbaronmusic.comまでご連絡下さい。そしてあなたがドラムを学ぶ為に、既にテストされ成功した楽しい方法を探しているなら、私のインストラクションサイトwww.drumming4life.comをチェックしてみて下さい。最高の一日になりますように!-Von