日本が誇る100のこと

ムック本の「日本が誇る100のこと」の特集で私のことを取り上げて頂き、光栄でありがたいです!ワタナベツトムさんとヤマウチタカノリさん、このような素晴らしい出版物に登場できる機会をありがとうございました!

https://www.amazon.co.jp/日本が誇る100のこと-エイムック-4098-エイ出版社編集部/dp/4777951286

The Forgotten Band Member

We always think of musicians as being band members but there are other band members we often overlook, the fans. 

In my early 20’s, I was very lucky to work with two great performers, Primo Kim in Seattle and Jimmy Borges in Hawaii. Both of these performers were outstanding vocalists and communicators. On breaks between sets of music, they would be out talking to audience members and each person they talked to would feel at that moment, like he or she was the most important person in the World. 

Primo Kim

Primo and Jimmy could connect through music and conversation in a way that made people fans for life. These same fans came to see them perform week after week. Their fans really became a part of the band and spread the word about upcoming shows.  I always watched in amazement as Primo and Jimmy would talk to the audience. They didn’t talk to fans because they had to, they did it because they loved to! 

Jimmy Borges

When I perform a show, I almost always take time to talk to audience members, learn about them and thank them for coming. I think this human connection is very important and makes the concert experience so much more enjoyable for the audience. After all, we wouldn’t have a show if it wasn’t for our awesome fans who come to hear us and support our artistic pursuits! 

Akemi and Shinichiro Seki with me

To my fans, I thank you from my heart and appreciate you being a part of my band. I will continue to work hard to make you feel energized at all of my shows. I am grateful we are on this journey together. 

忘れられているバンドメンバー

私達はいつも、ミュージシャンのことをバンドメンバーと思っていますが、見落としているバンドメンバーがいます。それはファンの方々です。

20代前半の頃、2人の素晴らしいパフォーマーと一緒に働けて、私はとてもラッキーでした。それはシアトルのPrimo Kimと、ハワイのJimmy Borgesです。2人とも、傑出したボーカリストでありコミュニケーターでもありました。演奏のセットとセットの間の休憩に、彼らはいつも、観客の皆さんへ話しかけに行っていました。その2人と話したどのお客さんも、その時間は、世界で自分が1番大切な人のように感じているようでした。

Primo Kim

PrimoとJimmyは、人々を一生ファンにするようなやり方で、音楽とコミュニケーションを通して人々と繋がることができたのです。これらの同じファンの方々は、毎週、彼らの演奏を観に来ていました。そしてほぼそのバンドの一部になっていて、来たるショーの情報を広めていました。私はいつも、PrimoとJimmyが観客と話す時、驚きながら見ていました。彼らはファンの方々と話さないといけないからではなく、ファンの皆さんと話すことが大好きだったから、そうしていたのです!

Jimmy Borges

私はライブ演奏をする時、大体いつも観客の皆さんと話す時間を取ります。そして彼らのことを知り、来てくれたことに感謝します。このような人と人とのつながりはとても大事で、観客の皆さんにとってもコンサートをもっと楽しいものにします。とにかく、ショーを聴きに来てくれ、私達アーティストの仕事をサポートしてくれる素晴らしいファンの方々がいなければ、私達はショーをしないでしょう!

Akemi and Shinichiro Seki with me

私のファンの方々へ、心からありがとう、そして私のバンドの一部であることに感謝します。全ての私のショーで、あなたにエネルギーを与えれるようにこれからも頑張ります。私達が一緒にこの旅路にいることをありがたく思っています。

一部のミュージシャンが他のミュージシャンよりも成功する真の理由

私は30年以上、音楽ビジネスに携わってきて、深く理解していることが1つあります。それは人間関係が大事だということです。

Von Baron Band – Jesse Forest, Iida Kazuki, Me, Imai Harumo, Sakazaki Takuya

私は今でもドラムの練習をしていますが、若かった頃は、練習をたくさんしなければなりませんでした。たくさんのジャムセッションにも参加する必要がありました。多くのミュージシャンと一緒に様々なスタイルの音楽を演奏するには、出会って打ち解けなければなりませんでした。ですが最も大切なことは、住んでいる場所の音楽コミュニティの人達との強い音楽的交友関係を築かなければならないことでした。

私は、音楽ビジネスで成功する為に必要なことは40%が楽器を演奏するスキルで、60%は他の人と働く時に魅力的な態度をとることだと思います。あなたは、演奏したい音楽スタイルにおいて楽器を上手に演奏する必要がもちろんあります。上手に演奏できるようになった後は、あなたの成功はバンドメンバー、プロモーター、クラブオーナーそしてファンの方達とどのようにコミュニケーションをとるかにかかっています。

Trio Magic – Me, Yorozu Yasutaka, Phillip Strange

あなたが言える最も大切な言葉、「ありがとう」をたくさん言おう!

ライブ出演の依頼をいただいた時、私は「ありがとう」と言います。

バンドリーダーまたはメンバーが楽譜をくれた時、私は「ありがとう」と言います。

音楽のテンポを変えたりまたは明確な演奏をするよう頼まれた時、私は「ありがとう」と言います。

ライブの休憩中や終わりにお客さんに話しかける時、私は「ありがとう」と言います。

CDを販売した時、私は「ありがとう」と言います。

報酬をいただく時、私は「ありがとう」と言います。

会場から去る時、私はバンドメンバー全員とクラブオーナー/マネージャーに「ありがとう」と言います。

「ありがとう」は強力な言葉で、たくさん使っても使い過ぎにはなりません。

The Future Jazz Quartet – Imai Harumo, Isobe Naoki, Yoshiba Aiko, Me

音楽が全て

私が間違ったプレイをしていて、それを正される時があります。私はそれを「ありがとう」という言葉とともに受け入れます。

私が誰かを正す必要がある時もあり、そして実際にそうする時、私はいつも「音楽の音を良くするために私達みんなに役立つような言い方で、これをどのように言えばいいか」と考えます。

私達はみんな、批評を他の人に伝える時に怒りっぽくなるバンドリーダーやバンドメンバーについて耳にしたことがあります。多分それは、会場スタッフが楽屋にローストビーフサンドウィッチを持ってきたけれど私達はベジタリアンだったり、ギターリストが何度も同じフレーズ箇所でミスをしたり、あるいはゴミ箱を集めたような音のレンタルドラムセットで演奏しないといけないような時に起こるのでしょう。

どんな問題でも、どのように応じるか私達にはいつも2つの選択肢があります。もしいら立ちや敵意、怒りとともに応じると、その問題はもっと大きくなり、最終的にはバンドがベストの演奏をできなくなる恐れがあります。

しかし、もし、私達がその問題を解決する為に我慢強く、言葉を慎重に選んで他の人達と連携すれば、そのバンドはより親密になり、ショーは悪感情に影響されません。

全ての批評は、音楽が最高の音になるようサポートするようなやり方でいつもシェアされすべきです。

Narumi and Her Swing Kings – Me, Hayakawa Ippei, Narumi, Sugiura Jun, Sakata Keiji

礼儀正しいゲストになろう!

誰かの家を訪れる時のように、演奏する音楽環境がどうであれ、私達は礼儀正しいゲストであるべきです。もし私が友人宅へ行き、玄関へ入り、そしてベースボールバットで家具を壊し始めたら、おそらく彼らは二度と私を招待しないでしょう。

この例えは少し大げさかもしれませんが、私が本当に言おうとしていることは、誰かの家を訪れた時のように礼儀正しく振る舞えば、みんな喜んであなたにまた演奏依頼をしてくれるということです。

Masako Moriura Group: Me, Okami, Toshima Tetsu, Wariishi Takashi, Tammie Harris, Masako Moriura

この60%(魅力的な態度をとること)をマスターするのは難しいことではありません。あなただったらこんな人と一緒に演奏したい、と思うような人に自分がなればいいだけです。そうすれば全ては素晴らしくうまくいきます!

THE REAL REASON SOME MUSICIANS ARE MORE SUCCESSFUL THAN OTHERS

Von Baron Band – Jesse Forest, Iida Kazuki, Me, Imai Harumo, Sakazaki Takuya

If there is one thing I understand deeply after being in the music business for more than 30 years, it’s that relationships are important.

I had to practice drums a lot when I was young and still practice today. I had to sit in at many jam sessions. I had to meet and be open to playing with many musicians and many styles of music. Most importantly though, I had to build strong musical friendships with people in the music communities where I’ve lived. 

I think being successful in the music business is 40% skill on your instrument and 60% having a winning attitude when working with other people. You definitely have to be good on your instrument in the style of music you want to play. Once that is okay though, the rest of your success depends on how you communicate with the band members, promoters, club owners and fans. 

Trio Magic – Me, Yorozu Yasutaka, Phillip Strange

Thank you is the most important phrase you can speak so use it often.

When I am offered a gig, I say “Thank You.”

When the band leader or members give me charts I say “Thank You.”

When I am asked to change the tempo or play something specific in the music, I say “Thank You.”

When I talk to the audience on breaks or at the end of a show, I say “Thank You.”

When I sell CDs, I say “Thank You.”

When I am paid, I say “Thank You.”

When I leave to go home, I say “Thank You” to all of the band members and club owner/manager.

“Thank you” is powerful and can never be overused. 

The Future Jazz Quartet – Imai Harumo, Isobe Naoki, Yoshiba Aiko, Me

It’s all about the music

There are times when I am corrected for playing something incorrectly and I accept the criticism with a “Thank You.”

There are also times when I need to correct someone and when I do, I always think, “How can I say this in a way that will help us all make the music sound better.” 

We’ve all heard about temperamental band leaders or band members that are mean when they give criticism to others. Maybe it’s when the venue staff brings roast beef sandwiches to the dressing room and we’re vegetarian, the guitarist messes up the same melodic phrase repeatedly or the rental drum set we have to play sounds like a collection of trash cans. 

Whatever the problem, we ALWAYS have two choices in how we can respond. If we respond with impatience, hostility and anger, the problem will get bigger and eventually threaten the ability for the band to perform our best.

If, however, we are patient, choose our words carefully and work with others to solve the problem, the band grows closer and the show will not be affected by bad feelings. 

All criticism should always be shared in a way that will support the music sounding its best.

Narumi and Her Swing Kings – Me, Hayakawa Ippei, Narumi, Sugiura Jun, Sakata Keiji

 Be a good guest

Just like when we visit somebody’s house, we want to be a good guest in whatever musical situation we’re playing in. If I go to my friends’ house, walk in the door, take a baseball bat and start destroying their furniture, they’re probably not going to invite me back.

I know this example may seem a bit extreme, but what I’m really trying to say is that if we behave the way we behave when visiting someone’s house, people will gladly invite us back to play more music.

Mastering the 60% is not difficult. Just be the kind of person you would like to play music with and everything will work out great! 

Masako Moriura Group: Me, Okami, Toshima Tetsu, Wariishi Takashi, Tammie Harris, Masako Moriura

This is copyrighted material.